blog

今井まさひこの 「それゆけマニアック!」
母さんが引っ越しした 火曜日

僕は東京のはずれの清瀬とゆう町で育ちました。

清瀬は西武池袋線の池袋から30分位 練馬のちょっと先

川の向こうは埼玉県所沢 なんとも微妙な立地、

これといった特産品もなく 

小学生の社会の授業では『病院の町 清瀬』なんて教えられた記憶が、

空気が綺麗で環境がいい… 田舎って事ですね。

美容師になるまでここ清瀬で育ちました。

僕は3人兄弟で姉と弟がいます 父さんは何年か前に他界しました、

姉さんも弟もそれぞれ独立して暮らしていて

母さんが一人で清瀬の実家で暮らしています。

母さんは80歳を超えて最近小さくなったなぁ なんて感じていました。

先月のある日の火曜日「いい天気だなぁどこ行こうかなぁ」なんて浮かれていたら

清瀬市の救急隊から電話があって「お母様を東京病院に搬送いたしました」って

あわてて東京病院に向かいました

病院に着くと母さんは検査中でした 

検査の結果が出て担当の先生と話しました。

「検査したんですがお母さん いたって正常でどこも具合が悪いところがないんですよ」

「え?」

「きっとお母さん心の病気ですね このままお一人で暮らすのは難しいのではないでしょうか

ご兄弟でご相談なされてはいかがでしょうか?」

この日はお母さんの誕生日で実家にみんな集合の予定 中止かなぁなんて思ったけど 

なんでもなかったんで予定どおりお誕生会をやりました。

その後めったに集まらない兄弟で話し合い

兄弟だけで話するなんて何年ぶりだろうか。

話し合いの結果 母さんは最近長女が独立してちょうどお部屋も空いた

姉さんの家に行く事に決まりました。

 

 

そして今日 引っ越しです。

 

もう清瀬に来る事も無くなるかなぁ なんて思い

実家に行く前に

育ったところを写真に収めてきました(フィルムカメラで)

 

とりあえずスマホの写真で

毎朝登った心臓破りの坂 

キチかった

 

清瀬第四小学校 

僕のあだ名はなぜだかイマリッキー

 

清瀬第四中学校

中学のあだ名はマーボー

なんだかダサいあだ名だけどイマリッキーよりはいい。

写真の手前に写ってる木に登って上から落っこちて

それ以来腰の調子が悪いです。

 

実家に行くとお父さんの仏壇がある部屋から出てきた母さん

なんだか寂しそうだった。

でも一人で暮らすより 姉さんの家族と一緒に住んだ方が安心だもんね

「心の病気」もきっと治るよ

 

いつまでも長生きして欲しいなと思った

母さんが引っ越しした 火曜日。

 

姉さんの家がある松戸からの帰り

綺麗な夕焼けが心に染みた。

 


 

| おやすみ | comments(0) |
コメントする









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>